シングルマザーのお金事情

シングルマザーの生活費ってどのくらい変わる?母子家庭に高校生がいる場合

 

シングルマザーでやっていくために、生活費が何にどのくらいかかるのかは、知っておかなければいけない大切なこと。

だけど、家庭の状況はその時々で変わりますし、特にお子さんの成長に応じてかかってくるお金の内容も変化しますよね。

 

こんにちは、あなたのシンママ応援隊長 美聖です。

 

よく子どもが高校生になる時が家計のターニングポイントと言われますが、それはいったいどういうことなのでしょうか。

高校生のお子さんをお持ちのシングルマザーにお聞きして、調べてみましたので一緒に見ていきましょう。

 

シングルマザーの生活費は子どもの成長でどのくらい変わる?

 

あなたがシングルマザーで子どもがまだ小さいのなら、食費もそんなに多くはかからないと思いますし、小学生までなら学費も高くはないでしょう。

私は現在、小学生の娘が1人いますが食べる量もまだまだ少ないですし、学校に払う金額も月に5000円程度です。

 

制服も娘が通う小学校は私服なのでありませんし、これといって家計を圧迫するほどの大金が出ていくこともありません。

しかし中学生になると、まず入学時に制服代もかかってきますし、身体もグンと大きくなり部活などに入ると食べる量もすごくなってきます。

 

部活自体もユニフォーム代などかかってくることも多くなり、遠征などに行くとあっという間に1万円札が無くなると、先輩ママさんが嘆いていました。

またお誕生日などのプレゼントひとつを取っても、子どもが求める物の値段がかわいくない値段になってきますよね^^;

 

親としては一年に一度の誕生日くらい、クリスマスくらい・・・と思っていると結局ほぼ毎月何かしら余分にお金が出て行ってしまう。

子どもが小学校を卒業するまでが、お金を貯められる絶好の時期と言われるのは、そういった細々したことだけを取ってもうなずけますね。

 

お子さんが小学生か中学生までなら、出ていくお金はそれほど多くはないので良いのですが、あなたが一人で頑張って家計を支え、やりくりをするという辛さは変わりません。

では、中学生を卒業し高校生になると状況はどのように変わるのでしょう?

 

母子家庭の子どもが高校生になれば生活費以外にかかること

 

母子家庭でそれまで女手一つで、子どもを育てながら稼いできたあなたにとって、子どもが高校生になると状況はガラッと変わります。

子どもが高校生になってからの日々は、親の手からずいぶん離れますし、アルバイトに行ってくれたりすると、今まで一人で家計を支えていたのがかなり楽になる。

 

そして、今は申し込みをすれば高校無償化の制度で、授業料は無料となります。

それだけ聞くと、高校生になったらやっとお金の不安から解放されるかしら?とホッとしてしまいますが、問題は高校3年生になった時。

 

どういうことかと言うと、大学受験に向かって走り出すからです。

大学には行かず就職するというのが本人の意思で、したい仕事があるのなら、それはそれで良いのですが、大学に行きたい場合はどうでしょう?

 

親ならば、子どもが進学したいと言うなら、叶えてあげたいと思うもの。

ですが、そうなるとまず遅くとも高校3年生には進学塾に入ることになるでしょう。

 

公立高校の場合、学校教育費と塾代とで、だいたい3年間の月平均が35000円ほどかかると言われています。

これはいろいろなパターンがありますので、一概には言えずあくまで平均値にはなりますが、それでも中学生の頃からすると格段に高くなりますね。

 

また部活動も活発になる分、お金がかかることも多く出てくる。

しかも高校無償化と言ってもあくまで授業料が無料になるので、修学旅行の積み立てなどはもちろん払わなければいけません。

 

そして、大学を受験するのにもお金がいるのです。

塾の費用・受験費用・合格した大学への納付金・新生活に向けての準備金といった費用は、高校3年生で一気にかかってきますので、それまでに対策をしておかなければいけません。

 

先輩ママさんは受からないだろうと思っていた大学にお子さんが受かってしまい、大学へ納付する期日までにお金を集めるのに、寿命が縮まったと嘆いておられました。

ただし高校生になれば、子どももバイトをしてくれるようになりますし、奨学金と言うのは大学だけではなく、高校でも適応される奨学金もあります。

 

給付型奨学金と言って、明光教育研究所まごころ奨学金といったものがありますから、活用するのもひとつの方法です。

また、高校生活という限られた期間にまとまったお金が必要ということが分かれば、今からその時のための対策をすることはとてもおすすめ。

 

例えば副業をして稼いだ副収入は、大学受験の時のための資金として貯めておく、ということをされているシンママさんは案外多いもの。

こちらの記事を参考に、在宅ワークで今から足固めをしておきましょう>>シングルマザーにおすすめの在宅勤務!副業でブログを書こう!!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

シングルマザーで頑張って子どもを育ててきて、その子が高校生になった時は感慨深いものがあるんだろうなという思いと同時に、襲ってくるお金の不安。

 

でも、先手を打って準備をしておけば何も恐れることはないですね。

ただし必ずきちんと調べて、もらえる給付金や奨学金のことは押さえておきたいものです。

 

大丈夫、今から準備すれば乗り越えてなんとかなるものよ!と先輩ママさんも力強いメッセージを送ってくれました。

子どもの成長を楽しみにしながら、充実した生活を送られることを、心から応援しています。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です