シングルマザーのお金事情

シングルマザーの生活費はどのくらいになる?手取り12万で生活できる方法

 

シングルマザーの生活費ってどのくらいの金額が多いかというと、手取りで12万ほどの家庭というのが、実際の平均的な母子家庭の家計となります。

だけど手取りが12万円という生活を仕方なく送っているけど、これから先はたしてやっていけるものなのか。

 

こんにちは、あなたのシンママ応援隊長 美聖です。

 

結論から申し上げると、手取り12万でも生活できる方法はあります。

これから先の人生を前向きに過ごしていけるように、どのくらいの手取りならどんな生活を送れば良いのか、きちんと知っておきましょう!

 

シングルマザーは生活費って毎月どのくらいあれば良い?

 

シングルマザーの生活費って、一般家庭とは暮らしていける額が違いますよね。

だって、あなた一人でこれから先も子どもを育てていかなきゃいけないから、「今が良ければそれでいい」と言うわけにはいかないじゃないですか。

 

できれば貯金もしたいし、保険もかけておきたいとは思うけど、今の手取り金額でそこまではさすがにムリ。

そう思って諦めてしまっていませんか?

 

確かに大きな金額を貯めていくことは、今は無理かもしれないけれど、将来に向けて貯蓄を少しずつしていくことも可能なんです。

例えば手取りで12万ということは正社員の場合、社会保険料や厚生年金は引かれた金額ということ。

 

であれば、病院代や将来の年金分の収入は安心できるということになります。

そして、万が一あなたが入院することになったとしても、社会保険に入っていれば後は医療保険に入っておけば大丈夫。

 

毎月の収入に余裕がある時なら生命保険に入れれば良いのですが、生活費がギリギリの場合は、保険料の高い生命保険に入る必要はありません。

掛け捨てにはなりますが、数千円の保険料の医療保険に入っておけば、いざという時もお金がちゃんと出ます。

 

そして、入院費や病院代、薬代などの保険適応できる医療費は母子家庭であれば格安になりますから実質ほとんどお金がかかりません。

また、これからの時代は年金だけでは決して生活できないけれど、無いよりあったほうがマシではないですか。

 

今、無理をして貯金をしなくても、きちんと会社から年金分が引かれているならば大丈夫!

「今の手取りでは貯金も保険をかけることもできない」と焦る気持ちが、少しは楽になられましたか?

 

一番の出費になるのが家賃ですが、これも母子家庭は各自治体で格安物件を優遇してもらえたり、家賃を補助してくれるといった支援があります。

必ず自治体に問い合わせて、今の家賃よりも安く入れるところがあるのなら、検討しましょう。

 

シングルマザーで手取り12万でも暮らしていける方法

 

シングルマザーで働いて手取りが12万であるなら、暮らしていける方法というのは、会社からもらうお給料以外に収入を作ることです。

母子家庭は様々な手当が国から支給されますが、自分から申告しないともらえません。

 

児童手当や児童扶養手当といったものは、子どもがいれば条件はありますが必ずもらえるので申告しましょう。

月に数万円が支給されれば、今よりかなり生活が楽になることでしょう。

 

私は死別で離婚となりましたから、児童扶養手当はもらわず、夫の遺族年金をもらうほうを選びました。

これも金額の大きいほうを選べるので、死別でシングルマザーになった人は地域の年金事務所に問い合わせてみましょう。

 

家賃が安くなって、もらえる手当が数万円増えれば今の生活とは相当違いがありますから、気持ちにも余裕ができます。

だけど、あなたが身体を壊してしまっては元も子もありません。

 

会社を休めば、その月の手取りは減ってしまう。

そんな時のために、収入の柱をもうひとつ持っておくことで安心感が違ってくるので、生活にも張りが出ます。

 

今の会社が副業をしても良いのなら、ぜひ在宅ワークで収入の柱をもう一本作っておいて下さい。

フルタイムで本業をしているのなら、最初から難しい副業をする必要はありません。

 

まずは家の不用品をメルカリやヤフオクで売って、お金にすることから始めてみてはいかがでしょうか。

家にあるものだし、あなたにとってはいらないものなので、お金はかかりませんしフリマサイトはだいたいどこでも売れれば手数料を引かれます。

 

つまり売れなければ何もお金がかかることはありませんし、売れれば手数料を引かれたお金が数日のうちに入る。

どちらにしてもあなたが損をすることは何もありませんから、限りなくリスクがないお仕事だと言えるでしょう。

 

センスやテクニックも、不用品を売る程度であれば大して必要ではなく、誰にでもできること。

だけど、する人が少ないのはそれだけ世の中に行動に移す人が少ないというだけなのです。

 

こちらの記事を参考にしてぜひチャレンジしてみて下さい>>シングルマザーの副業でおすすめはパートでダブルワークより在宅で稼ぐ!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

将来の安心のために、今できることをコツコツと積み上げるだけで、毎月12万くらいの手取りでも十分暮らしていけるのです。

 

一番大切なことは、まずは行動してみること。

あなたとお子さんのために一歩を踏み出し、明るい未来に向かいますように心から応援しています。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です