シングルマザーの生活

シングルマザーの生活費はどのくらいあればやっていけるのか知りたい!

 

シングルマザーの生活費って、どのくらいの収入があれば、親子で不安なく暮らしをやっていけるのでしょう?

いつまで経っても生活が楽にならないと、この先もずっと変わらない気がしてしまう。

 

シングルマザーで、ちゃんと生活できている人は自分と何が違うのか、考える度に落ち込んでしまいますよね。

こんにちは、あなたのシンママ応援隊長 美聖です。

 

母子家庭でも、お金に困らず生活するために必要なことを知らないままなんて、もったいない!

あなたも今日から実践できる方法をお伝えしますね。

 

シングルマザーの生活費で必ずいるお金はどのくらい?

 

シングルマザーで、生活費を上手く回している人は、いったいどのくらいいるのでしょう。

実は母子家庭の約半数が貧困家庭と言われています。

 

ということは、お金が足りなくてずっとツラくてキツイ生活をしている人はあなただけではなく、たくさんいるということ。

シングルマザーの中でも、まだ実家暮らしの人はそれほど深刻な状態になっていることが少ない。

 

なぜならば家賃や光熱費がいらないから。

確かに大人になって結婚をして一旦、実家から嫁いでいった身としては、いくら実家暮らしと言えども親にいくらか毎月払っていることでしょう。

 

だけど、100%家賃も光熱費も払わなくてはいけないアパート暮らしのシングルマザーに比べたら、出ていくお金の金額が違います。

だったら計画的に、お金があるようになってから実家を出て自立すればイイじゃないかと安易に言う人もいます。

 

しかし、そもそも頼る親がいないシンママだったら、離婚すれば自分でアパートを借りて生活しなければ仕方ないのです。

だけど家賃と言えば土地によってかなり相場は変わってくるものの、どうしても3万以上は確実にかかるでしょう。

 

都心に近ければ、安くても6万弱はする。

とてもじゃないけど、パートでもらう一カ月のお給料ではやっていけない。

 

ヘタをしたら、家賃でパート代は全て無くなってしまうことだってありえるのです。

光熱費もどれだけ節約を頑張っても電気・ガス・水道で2万はかかってしまいます。

 

そうなれば支出を減らすということだけでは、決して母子家庭の生活は楽にはならないのがよくわかりますね。

 

シングルマザーとしてやっていけるかどうかは収入を増やすことで決まる!

 

シングルマザーになった年令の平均は約33才だそうです。

そして、子どもの年齢が4才前後で離婚した人が統計上は多いらしい。

 

このことから、まだまだ働き盛りの年齢ではあるけれど、小さい子どもを一人で育てていくという状況で、ガッツリ働くというのが難しいのは容易に想像できます。

だって、子どもの保育園のお迎えやお世話などで残業なんてできないし、休日出勤なんてもってのほか!

 

その上、保育園に預けているととにかく病気をもらってくるから、仕事に穴を開けるのも日常茶飯事になってしまう。

そんな人を雇ってくれる会社を探すのは至難の業で、面接ですでに落とされてしまうことのほうが多いのが現状です。

 

そんな状態なのに、収入が上がるわけもなく、新しく稼げる仕事を見つけようと思っても結局、休みを取りやすいパートの仕事になってしまうんですよね。

ところがそんなシングルマザーを横目に見ながら、稼いでいるシンママも最近増えているのです。

 

何をしているかと言うと在宅ワーク。

ここ数年でかなり認知されてきた在宅ワークは、仕事の種類も年々増えてきています。

 

在宅ワークというのは、文字通り自宅で仕事を全て完了できるので、子どもに手がかかる主婦の方や身体の弱い人にも人気があります。

その中でも転売は、初心者でもすぐに結果が出やすく稼ぎやすいのでおすすめ。

 

とにかくネットで仕事をしたことが無い人は、まず少しの金額でも「稼げた!」という経験を早めにしないとめげる。

だから、販売の仕方も簡単で、お金になるのも早い転売がおすすめだし、人気なのです。

 

まずは家にある不用品を販売してみて、次に仕入れて売ってみる。

自信がついてきたら出品する数をドンドン増やして、誰でもできるような作業は人に任せていく。

 

そうやってできることを少しずつ増やしていって、収入を上げていくので無理もないですし、コツコツ続けていれば誰でも稼げます。

あれもこれもと、ただでさえやることが多いシングルマザーに人気なのは、続ければ誰でも稼げるというところ。

 

ということは、今日から始めればあなたも稼げるようになるのです。

月に5万でも今より収入が増えれば、かなり精神的に楽ではないですか?

 

しかも、自宅で自分のペースで仕事ができるのであれば、続けていけそうではないでしょうか。

参考:【母子家庭生活費シュミレーション】シングルマザーでアパート暮らしの実態

 

まとめ

 

いかがでしたか?

実はお金に困らず稼いでいるシングルマザーで、在宅ワークをしている人は意外に多いということを知っていただけたことでしょう。

 

どこかに雇われてお給料をもらうとなると、なかなか安定した生活費を稼げるくらいの収入にするのは難しい事。

しかし、在宅ワークなら雇用される働き方ではないので、あなたが頑張ればきちんと金額という結果になって返ってきます。

 

まずは誰でもすぐに取り組める転売から、ぜひ始めてみて下さい。

いつもあなたのことを心から応援しています。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です