シングルマザーの生活

母子家庭いくらあれば生活できる?子供二人で離婚してシングルマザーになるための準備

この先、母子家庭になった時に、いくらあればちゃんと生活できるものなのかしら・・・。

子供を二人抱えてシングルマザーになるという知り合いから先日相談されました。

 

こんにちは、あなたのシンママ応援隊長 美聖です。

今現在、シングルマザーとして頑張っているママさん達はたくましく生きてるけど、私でも子供を育てながらやっていけるんだろうか。

 

これからシングルマザーになる人の不安な気持ち、痛いほど分かります。

母子家庭の現実と、どうやって生活をしていけば良いのか、現役シンママがお伝えします!

 

母子家庭でやっていくためにはいくらあれば生活できる?

 

 

母子家庭になる。

それは本当に大きな決断がいることですし、未知の世界に対する不安たるや、経験した人にしか分からないストレスの大きさです。

 

だって、単純に離婚したら終わりではありませんから。

子どもがいなければ、今までのストレスまみれの生活から解放された~♪で良いのですが、子どもがいれば自分一人の問題ではない。

 

ひとり親になっても、子どもが成人するまで立派に育てていかなければ!と、それはもう肩に力が入りまくります。

生活の問題ですから、何といってもお金のことが一番気がかりになるのは当然。

 

しかも昔に比べれば母子家庭が増えたとはいえ、身近にしかも気軽に聞けるシングルマザーがいるとは限らない。

そうなると、実際のところ子供を二人も抱えて、自分の収入だけでやっていくってどういうものなのか、ボンヤリとしたままという人が多いのが現実です。

 

私も夫とは死別だったので、シングルマザーになるタイムリミットが、目の前に迫ってくるという思いをしました。

「ご主人はあと、もって3カ月です。」とお医者さんから告げられても、何を準備すればイイか見当も付かなかった。

 

あれよあれよと言う間に夫が亡くなり、母子家庭になってしまって、現実の厳しさをやっと目の当たりにしたものです。

なんと言っても、自分の収入だけで家計を支えなければいけないというプレッシャーは、本当にツラかった。

 

頼る実家がない場合は、子供とのアパート暮らしが始まります。

そうなると、家賃が4~5万光熱費の2万ほどは毎月必ずかかってくる。

 

もちろん生きていくために食費は必要で、子供が二人いれば月に3~4万はいることになるでしょう。

必要最低限のこれだけで、10万ほどのお金が毎月かかってしまいます。

 

子供がいれば教育費や被服代もいるでしょうし、日用品を買うお金だっているとなると、10万以上の生活費というのが出ていく。

一方で収入はというと、あなたが働いて得られる賃金と、国からの手当になります。

 

子供二人がいて離婚する人がシングルマザーになるための準備

 

離婚というのは結婚の数倍の精神力を使うと言われますが、本当に手続きなどのやることが多い!

お子さんが二人以上いればなおさらのことですが、まず子どものことに関する手続きの多さに訳が分からなくなります。

 

役場の中をたらい回しにされ、健康保険や年金関係から始まって、児童福祉課などで児童手当などの手続きをしなければいけません。

書類の多さに何がなんやら分からなくなってしまいますが、これからの生活に一番大切なことをキッチリと押さえておきましょう。

 

それはなにかと言うと、先ほどもお伝えしたようにあなたの収入だけではなく、母子家庭になれば国からの手当てが支給されます。

例えばあなたが今現在、正社員として会社にお勤めであれば、ある程度の収入は毎月確保できるし、福利厚生もしっかりしていることでしょう。

 

しかし、シングルマザーになってから正社員として就職するのは、至難の業です。

特に小さい子供が二人もいてて、子供を短時間でも預けられる身内がいないとなると、就職活動自体が困難になってきます。

 

なんとか面接にまでこぎつけても、「子供が熱を出した時に預ける人はいらっしゃいますか?」と言った質問を浴びせられる。

そこもクリアしたとして、現実問題で保育園の呼び出しにしょっちゅう早退や欠勤をくり返すと、社内での立場は針のムシロです。

 

結局はパートでしか働くことができないというのが、母子家庭に貧困家庭が多いという原因のひとつなのです。

だから最初の手続きの時に、まずは児童手当と児童扶養手当の申請は必ず漏らさずしておきましょう!

 

それだけで、月にすると4~5万の収入になります。

そして、離婚して住む土地が変わる方は特に、認可保育園に入る手続きをすることがとても大切なこと。

 

認可保育園なら、母子家庭は優先的に入らせてもらえる地域も多いですし、あなたの所得で保育園費が決まりますから、とても安価で預けられます。

その他、水道代が安くなったり、家賃の補助があるなどといった支援が自治体によってはあるので、役場でしっかり確認をして下さいネ^^

 

まとめ

 

いかがでしたか?

シングルマザーになるということは、一人何役もこなさなければいけなかったり、自分の肩に責任がズッシリのしかかったりと大変なことが多いのも確かにあります。

 

だけど、決してあなた一人で頑張らず、頼れるものはフル活用して乗り切れば大丈夫!

そのためにも情報のアンテナを常に張って、少しでも負担を少なく、子どもたちとの生活を楽しんで下さい。

 

いつもあなたの幸せを、心から応援しています。

 

 

●ブログランキングに2つ参加しています。ポチっと応援お願いします^^


シングルマザーランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です