シングルマザーのお金事情

母子家庭は生活費が足りないのが当たり前?お金がない生活を変える3つの方法

 

母子家庭になってから毎月月末は生活費が足りない・・・。

母子家庭だからお金がないのは仕方がないけど、もうこんな生活がいつまでも続くのは苦しい。

 

なんとかしたいけど、どうしたらイイかも分からないとため息をつく日々。

こんにちは、あなたのシンママ応援隊長 美聖です。

 

母子家庭の貧困化は本当に深刻な問題で、それはいろいろなところで取り上げられています。

でも今、自分の生活の苦しさを救ってくれる方法は誰も教えてくれないし、助けてもくれないと悲嘆にくれる毎日を送っていませんか?

 

本当に母子家庭だから生活費が足りない生活が当たり前なのでしょうか。

そんなことはありません。

 

お金がない今の生活を変えることができるのです!

 

母子家庭が生活費の足りない原因

 

母子家庭ってなぜこんなに生活が苦しくて、生活費すら足りない世帯が多いのでしょう?

統計によると年収230万というのが母子家庭世帯の平均と言いますが、日本の平均年収が420万と言われていることを考えても半分しかない。

 

しかも母子家庭の平均なので、年収が500万以上の母子家庭世帯も入っていての平均です。

年収は230万と言われますが、その中には児童手当などの国からの支援金も含まれての金額ですから、働いて得た収入はもっと少ない。

 

あなたのお子さんが、もし今は小学生未満であれば、教育費や食費などもまだ子どもが小さい分、そんなにかかっていないのです。

これから子どもが大きくなって中学校を卒業する時になれば、児童手当の支給は無くなります。

 

18才になると児童扶養手当も止まってしまう。

だけど今より子どもにかかるお金は確実に増えるのは、少し考えても判りますよね。

 

事実、私の周りにいるシンママの先輩方は、大学進学の時は本気でどうしようかと金策に走ったとお話しされています。

私もまだ子どもが小学生ですから、そのお話しをドキドキしながら聞いていました。

 

このままではいけない・・・。

今でもこれだけ苦しく、厳しい生活なのにこんなことではこれから先、子どもと生きていけない!

 

強く、強く思いながら細かいお話しを聞きまくって、出た結論がありました。

「自力で稼げるようにならなきゃ頼る人はいないんだ」

 

それから私はお尻に火が付き、お金の巡りを変える努力を始めたのです。

 

お金がないんだったらお金を作れば良い!

 

お金がない!と叫んでみても何も変わらなかった日々。

そこでどうすればお金が入ってくる生活になるか、考えてやってみました。

 

節約をする

まずなんと言っても、ムダにお金を使わないようにするために、考えられるのは節約。

シングルマザーになってみて最初の頃は、訳も分からないから、お金を出すということ自体が怖かったのを覚えています。

 

必要なものでも、お金をお財布から出すたびに罪悪感が押し寄せる毎日で、ストレスで倒れそうになっていました。

だけど、そんな最中にスマホが壊れちゃったんです。

 

仕方なく家電量販店にスマホの機種変更をしに行って、店員さんとお話しをしていると、フツフツと疑問が湧いてきた。

話しを聞けば聞くほど「それって今の私に必要なオプションだろうか?必要なコースだろうか?」と。

 

私もお金を払うことに神経質になっていたのもあって、店員さんに食い下がって根掘り葉掘り聞きながら、いらないものを排除していった結果にビックリしました。

それまで1万円ほどかかっていた携帯代がなんと4000円ほどになったのです!

 

これは子どもに毎日、小さいガマンをたくさんさせるより、固定費をきちんと見直すことで大きく生活費が変わるのではないかと気付いた。

この経験がとても大きかったです。

 

それから電気代や水道代、家賃など変えられるものは変えてみるとかなり生活が楽になりました。

節約というと、どうしても食費や交遊費を削ると思いがちですが、大切なのは固定費を見直すことだったのです。

 

家の不用品を売る

次に目を付けたのが、私は夫を癌で亡くしましたので、夫の遺品・・・と言えば聞こえが良いのですが、ガラクタが家中に積み上がってました。

私には全く興味のないものですが、収集癖のあった夫のコレクションの数は凄かった。

 

「夫の形見」にもならないような不要なものを、片っ端からヤフオクに出品してみたところあっという間に売れていく。

しかもヤフオクはオークション形式なので、値段が勝手に吊り上がっていって気がついたらかなりな高額で売れていきました。

 

他にもメルカリやアマゾンに中古品として出品したりしたところ、一時的に数十万を稼ぐことができたのです。

あなたにとってはガラクタでも誰かにとってはお宝かもしれません。

 

在宅ワークで稼ぐ

それまで夫と営んでいた整骨院を一人で切り盛りしていましたが、小さい子供がいる私が一人でやっていくことができず、途方に暮れていました。

そんな時にたまたま知ったのが在宅ワーク。

 

私の場合は転売でしたが、家で全ての仕事が完結するというのが私にはとてもありがたかった。

そして、自分のペース配分で仕事ができるので、子どものことを優先しても仕事が滞るということがないのもストレスがなくて、私には合っていました。

 

その後、転売は人に任せながらアフィリエイトもすることになりましたが、何をするにしても自分の都合でなんとでもなる。

その代わり、自分が行動しなければ収入はゼロですが、イヤな仕事をしんどい思いをして働きに行くよりよっぽど楽です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

いらないものは貯めこまず、断捨離をすることでお金も呼び寄せることが結果的にできるのです。

 

いらないものを捨てたら、今度は誰かに頼らず自分の力で稼げる仕事をまずは副業からやってみる。

新しいことにチャレンジするのは勇気がいるけれど、今までの苦しい生活を頑張ってきたあなたならできるはず。

 

お金のある生活に変えて、母子家庭のツラさから解放されましょう!

心から応援しています。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です